工藤 和彦

工藤 和彦


くどう かずひこ

 

1970 神奈川県に生まれる
1986 陶芸を始める
1988 信楽焼神山清子先生に師事
1990 信楽現代作家展入選.
1993 北海道上川郡剣淵町に移住
北海道北部の粘土にて製作を始める
2002 旭川市に移住
2006 全国企画公募にて「大地に生える氣」展に採用され、プロデュースする
料理研究家 栗原はるみさんが選ぶ器展で「栗原はるみ大賞」受賞
クラフトセンタージャパンにて「片口」が選定される
2000年以降、全国各地にて個展、企画展多数

 

2007 なべとなかま展(Meetdish)

2008 酒器展(Meetdish)

2010 Kohiki展(Meetdish)

2011 工藤和彦展(Meetdish)

 

工藤和彦の器は、ご使用前に煮ますと水分が深部まで浸透してなかなか
抜けませんので煮ないで下さい。(水分は2〜3週間で抜けます)
ご使用後はよく乾かして下さい。
工藤和彦ホームページ http://www.h6.dion.ne.jp/~kubee/

工藤和彦 黄粉引淵刻線6寸皿 3,990円(税込)